株式会社moooks

えほんにみせられて

Author

落合 陽平
代表取締役CEO
落合 陽平

1985年2月11日生まれ。株式会社moooks代表取締役CEO、ファイナンシャルプランナー、経済評論家、名脇役。カリフォルニア州Sirra College卒業。投資会社、保険代理店など金融業界での経験を生かし、個人の家計診断から、世界の政治・経済分析まで、”お金”の本質を解く。セミナーは年間60回以上、ラジオのレギュラー出演をするなど、多岐に渡って活動している。

Category

moooks Inc. moooks blogえほんにみせられておやすみ、ロジャー

ochiai(1000×570)

おやすみ、ロジャー

23 Sep,2016 Ochiai

えほん

タイトル: おやすみ、ロジャー
さくしゃ: カール=ヨハン・エリーン
監訳者 : 三橋美穂

2015年11月の発売以来、わずか半年足らずで75万部を突破した超人気絵本。
その人気から、世界42か国で翻訳され、各国でミリオンヒットを連発しているそうです。
この絵本は、「子どもの寝かしつけ」を目的とした、心理学と行動科学に基づく絵本で、
「この絵本で子供の寝かしつけが楽になった!」という声が多く、大反響となっています。

bookimg   nvcms_nvsp_id0000202_972_172210

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■ ストーリーをざっくり!

主人公は、”眠たいけど眠れないうさぎ”の「ロジャー」。
ロジャーの兄弟はみな、お母さんうさぎがお布団に連れていくとすぐに眠ってしまうのに、
ロジャーだけは、”いますぐ眠る”かわりに、やりたいことを考えてしまって眠れないのです。

お母さんうさぎに相談したロジャーは、お母さんから「あくびじさん」に会いに行くことを
勧められます。「あくびおじさん」は世界一親切な魔法使いで、誰でも眠らせることができます。

ロジャーは、「あくびおじさん」に会いに行く旅路の中で、カタツムリやフクロウと出会い、
眠るためのコツを教わっていきます。

果たして「あくびおじさん」とはどんな魔法使いなのでしょう…

4864104441_20151130102105_op1

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■ 子どもが眠くなる仕掛け

実は、この物語の主人公は「ロジャー」だけではありません。
もう一人の主人公の名前は【読み聞かせる子どもの名前】。つまり、実際に眠ってほしい
子どもとロジャーの2人が旅に出るのです。

これは裏設定とかではなく、本の中に【なまえ】と書かれていて、物語に参加しています。
こうすることで、実際に”読み聞かせをされている”子どもは、ロジャーと一緒に
「眠るためのレクチャー」を受けていることになるわけです。

さらに、この物語には【あくび】という言葉が様々な場面にちりばめられています。
これは、実際に読み手が”あくび”をしながらそのフレーズを読むことで、子どもの眠りを
誘う効果があるようです。

私の子どもはまだまだ小さいのでたぶん効き目はないと思いますが、もう少し大きくなったら
是非試してみたいと思います。

  • 一覧に戻る
  • プロフィールをみる
  • メールする
  • ページトップ
ホームページ制作・アプリ・システム開発なら dango Lab.「ダンゴラボ」

moooks Inc. moooks blogえほんにみせられておやすみ、ロジャー

moooks blogをシェアしよう